シモウマスポーツ整骨院・世田谷区シマウマ2-10-3・03-3424-7677
HOME
コンセプト
治療内容
スポーツ外傷・障害
鍼灸の適応
診療料金
診療日
所在地マップ
スタッフ
各種保険取扱
お問い合わせ
スポーツトレーナー
関連リンク
問診表
よくある質問
HOME > スポーツ外傷・障害 > オスグッド病

オスグッド病(osgood schlatter)

1 発生のメカニズム
 オスグッド病は脛骨粗面部に発生する骨端症(成長期に起こる骨の病変)で10代前半のスポーツを盛んに行う成長期の少年、少女に発症することが多く、いわゆる"使いすぎ症候群"の一つとされていますが、スポーツ活動を行っていなくても成長期に発症することがあります。
"脛骨粗面"とは、脛骨(すねの骨)の上方で骨が少し出っ張っているところのことです。大腿四頭筋と呼ばれる太ももの筋肉は膝を伸ばすときに働く強靭な筋肉ですが、この筋肉は膝の上で一つの束となって膝蓋骨(膝のお皿と呼ばれる骨)と膝蓋靭帯(お皿の下の靭帯)を介して、この脛骨粗面に付着しています。したがって、スポーツにおけるジャンプやランニングなどによって大腿四頭筋が収縮すると膝蓋靭帯は引っ張られ、脛骨粗面に牽引力が加わります。この牽引力が繰り返し加わり、脛骨粗面にストレスをかけ続けると、成長期で骨化(骨が完成すること)過程にある脛骨粗面は耐え切れなくなり筋肉の付着部である骨端軟骨が隆起、分離、剥離(骨がはがれること)などを起こして痛みが発生します。これがオスグッド病です。
また、スポーツ活動を行っていないのに発症する場合は、成長期の急激な骨成長に大腿四頭筋の成長が追いつかず、筋が過緊張状態になり結果的にスポーツで発症する場合と同じように脛骨粗面に牽引力が加わることが原因となります。

2 症状
 オスグッド病の代表的な症状は、脛骨粗面の圧痛(押したときの痛み)と骨性の隆起で、スポーツ活動の最中や後に痛みが発生し、特にジャンプ動作時に痛みを感じることが多いようです。ひどくなってくると通常の歩行時にも痛みを訴えることがあります。他にも正座や抵抗がかかった状態で膝を伸ばした時などに脛骨粗面に痛みを感じます。痛みは片方だけのこともあれば、両膝とも痛みが発生することもあります。
 オスグッド病の診断は、成長期にあって脛骨粗面に骨性の隆起が認められた時点で容易に診断されますが、レントゲン撮影で脛骨粗面部に骨の膨隆、分離、遊離など不整像があることで確定されます。

3 治療
治療は、痛みの程度やスポーツ活動中の障害の程度によって異なりますが、基本的には保存的治療が中心です。オスグッド病のほとんどがスポーツ活動に支障がない程度の軽傷例で、練習前後に大腿四頭筋のストレッチを励行し、アイシング(氷等で患部を冷却すること)を施すことで痛みは軽減します。痛みや炎症が強い場合は2〜3週間スポーツ活動を中止し、場合によってはステロイド剤の注入を行う場合もありますが、腱の変性も危惧されるため多用は避けるべきです。
 当院では、消炎鎮痛を目的とした痛みのある局所への鍼灸治療と大腿四頭筋の筋疲労や筋緊張除去を目的としたスポーツマッサージと鍼治療をおこないます。その他にも、超音波治療器や干渉波治療器などの物理療法を併用して、それぞれの症状に最も有効と思われる治療法を選択していきます。
当院では超音波画像観察装置を用いて膝蓋腱の肥厚や滑膜包の腫脹など軟部組織の観察を行っています。超音波画像観察装置を使用して治療経過を把握することで、より効率的な治療を行うことが可能です。

4 予防
 オスグッド病の予防において最も重要なのは大腿四頭筋のストレッチです。大腿四頭筋のストレッチを練習前後に励行し、筋肉の過緊張を和らげておくことで脛骨粗面へかかる負担を減らすことができます。また、市販されている「オスグッドバンド」は膝蓋靭帯を圧迫することで同じように脛骨粗面にかかる負担を軽減させるのに有効です。
 その他、テーピングや衝撃吸収性の高いシューズの使用、足部のアライメント(骨格の配列)に異常がある場合は足底板療法を行う事も予防としては有効です。
 

copyright shimouma.jp all reserved
シモウマスポーツ整骨院・鍼灸院