シモウマスポーツ整骨院・世田谷区シマウマ2-10-3・03-3424-7677
HOME
コンセプト
治療内容
スポーツ外傷・障害
鍼灸の適応
診療料金
診療日
所在地マップ
スタッフ
各種保険取扱
お問い合わせ
スポーツトレーナー
関連リンク
問診表
よくある質問
HOME > スポーツ外傷・障害 > バーナー症候群

バーナー症候群(burner syndrome)

1.発生のメカニズム
アメリカンフットボールやラグビーなどの激しいコンタクトスポーツでみられ、頭頚部が瞬間的に強い外力を受けた際に起こる一過性の神経障害です。

頚椎(首の骨)に、伸展、屈曲、長軸方向への圧迫(頭のてっぺんから押さえつけられるような圧力)などが強制されると頚椎の椎間孔(首の骨と骨の間にある神経が通る穴)を通る神経が圧迫されます。この神経は腕神経叢(わんしんけいそう)といって首から腕にかけて走っている神経の束に繋がっているので、この神経が傷害されると首から肩、腕にかけて強烈な痛みを感じます。まるで燃えているかのように熱く感じるためこの名がついています。

2.症状
症状は前述したように片側の首から上肢(腕)にかけての焼けるような激しい放散痛(広がっていくような痛み)が中心で、コンタクトスポーツでは相手と激しくコンタクトした瞬間に起こります。しびれや筋力低下を呈することもあります。一過性なので痛みは数分で軽快することがほとんどですが、数ヶ月持続するものもあります。また、易刺激状態になると頚椎の運動をしただけで上肢に痛みが表れるようになってしまいます。この状態で競技を続けると、コンタクトの度に激痛が走り、プレーの続行は不可能です。たとえ数分で痛みが軽快しても同じことを繰り返すので結果的にパフォーマンスは著しく低下します。

きちんと治癒させてから競技に復帰するのが一番の近道といえるでしょう。
どこの椎間孔が障害を受けたかによって症状の表れる部位が異なってきます、基本的にしびれや筋力低下は障害部位が頚椎の下部にいくほど指先に近いところに表れます。実際には第5頚椎と第6頚椎の損傷がほとんどで、肩から前腕の知覚障害、肩の挙上や肘の屈曲障害を症状とする例が多いようです。

3.治療
基本的に頚部を安静に保ちます。受傷後3週間ほどはなるべく安静にし、神経障害の回復を優先させます。競技復帰をする場合、軽いランニングから初め、徐々に頚部の運動を行っていきます。しびれが強い場合はステロイドの内服、注射をすることもあります。症状が改善せず、椎間板ヘルニアがある場合は手術的治療が必要になる場合もあります。一度受傷すると瘢痕(はんこん)による肥大化、癒着(ゆちゃく)などによって神経の通路が狭くなり、神経が圧迫や伸展されやすくなることがあるため、競技復帰には注意が必要です。

鍼治療は、損傷した部位の筋肉の血流状態の回復などを目的として積極的に行われています。また早期回復、再発予防においても鍼治療は効果を期待されています。

4.予防
頚椎から肩の周囲の筋力アップが最も重要です。特に僧帽筋は、強化しておくことで怪我を予防するとともに、コンタクトのよる頚部の損傷を最低限に抑える働きがあります。その他の首周囲の筋肉も、前後左右斜めなど多方向から負荷をかけてトレーニングしておく必要があります。アメリカンフットボールでは頚部の支持性に優れたプロテクターが市販されていますが、頚部の可動域が制限されてしまうため、競技性との兼合いが難しいとされていますので、自らの筋肉を鍛えてプロテクターの代わりにすることがベストな予防方法といえるでしょう。

また、競技中、不完全な姿勢でコンタクトしないように心がけるなど危険を避けるための技術を身につけることも忘れてはいけません。

copyright shimouma.jp all reserved
シモウマスポーツ整骨院・鍼灸院