シモウマスポーツ整骨院・世田谷区シマウマ2-10-3・03-3424-7677
HOME
HOME > スポーツトレーナー

スポーツトレーナー(アスレチックトレーナー)

 スポーツトレーナーとはアスレチックトレーナーともいい、野球、サッカー、アメリカンフットボール、バスケットボール、陸上競技、水泳、ゴルフ、テニスなどさまざまなスポーツ競技において、選手の健康管理をはじめ、その役割は多岐にわたります。
チームの各スタッフと協力して、コンディショニング〜けがの予防〜けがの応急処置〜けがの治療(ケア)〜メディカルリハビリテーション〜アスレチックリハビリテーション(リコンディショニング)〜トレーニング〜カウンセリング〜各種指導など選手のパフォーマンスを向上させるため、また最大限発揮させるために務めるのがトレーナーの仕事です。
現在日本では国から認められるトレーナーの資格(国家資格)というものはなく、自らトレーナーと称してしまえば「トレーナー」といったところですが、財団法人日本体育協会(日体協)では、協会公認のアスレチックトレーナー(ATC)という資格を設けています。また、アメリカでは全米アスレチックトレーナーズ協会(NATA)において、協会公認のアスレチックトレーナー(ATCまたはCAT)という資格を設けています。なお、日体協とNATAの資格は同一のものではありません。
近年では、スポーツトレーナーになるための専門学校や大学も増えてきていますが、学校の選択は慎重にするべきでしょう。なぜなら、その学校を卒業したからといって日体協などの資格を取得できるとは限らないからです。
スポーツトレーナーは、スポーツ専門の医師及び医療機関と連携し、外傷や疾病などの管理にあたる役割も果たさなければならないため、医学的知識および体育学的知識を兼ね備えなければなりません。役割の中には法的な制限がかかる行為もあるため、それを行うためには医療系の資格を取得しなければなりません。資格がなければ別の医療機関に委ねるべきでしょう。
医療系の資格は次のとおり。(以下の資格は全て国家資格)
・ 医師 ・はり師
・ 理学療法士 ・きゅう師
・ 作業療法士 ・あん摩マッサージ指圧師
・ 看護師 ・柔道整復師       など

この中でもスポーツトレーナーとして活躍しているのは、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師が特に多いといわれています。これらは全て国家資格で、取得するためには3〜4年間専門学校または大学に行って勉強した後、国家試験を受けて合格すれば晴れて有資格者となることが出来ます。専門学校または大学を卒業しただけでは、資格を取得することは出来ません。
ちなみに医療系国家資格の勉強は、お世辞にも簡単とはいえませんので学校に入ってからかなりの苦難を強いられます。
いずれにしても、スポーツトレーナー(アスレチックトレーナー)になるには様々な知識・技術を身につけなければならず、一朝一夕にそれを達成できるものではありませんが、スポーツトレーナーになるためには国家資格を取得することがある意味で近道と考えられなくもありません。
スポーツトレーナー(アスレチックトレーナー)は、選手・チームを陰で支える存在で選手が活躍し、チームが勝利したときの喜びは何にも変えることが出来ません。苦労が多い分とてもやりがいのある仕事です。
コンセプト
治療内容
スポーツ外傷・障害
鍼灸の適応
診療料金
診療日
所在地マップ
スタッフ
各種保険取扱
お問い合わせ
スポーツトレーナー
関連リンク
問診表
よくある質問
 
 
 
 
 
copyright(c)2008 shimouma.jp all reserved.
シモウマスポーツ整骨院・鍼灸院